トピックス

主な取り扱い業務

判例地方自治第433号(平成30年6月1日発行)に「生産緑地2022年問題と自治体の対応」というテーマで古川弁護士の論文が掲載されました。
「2022年問題」によって大量の生産緑地が宅地化するのではないか、それによって不動産バブルが崩壊するのではないかとの懸念があります。本論考では、「2022年問題」とはどのような問題なのか、また、自治体として何か対策が必要なのかを解説しています。ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

事務所概要

取り扱い業務

弁護士紹介

弁護士費用

採用情報

アクセス

ひまわり通信

事務所ブログ

一般社団法人 相続あんしんサポーター

ページのトップへ